ウォレット 仮想通貨の始め方

【最新版】仮想通貨のウォレットを徹底解説|安全に保管してあなたの資産を守りましょう

更新日:

仮想通貨の安全な保管方法

「取引所に預けていた仮想通貨が流出した」

「ハッキング被害にあって、仮想通貨が盗まれてしまった」

仮想通貨を安全に保管していれば盗難・流出被害は100%防げます。

あなたの大切な資産をしっかりと守り、不要なリスクは回避しましょう。

この記事はこんな方におすすめ

  • 仮想通貨を安全に保管する方法を知りたい
  • 仮想通貨のウォレットについて詳しく知りたい

スポンサーリンク

ウォレットの種類は4種類

仮想通貨ウォレットの安全性

仮想通貨は「ウォレット」に入れて保管します。

仮想通貨の「ウォレット」とは?

直訳すると「財布」です。意味はそのまんまで、仮想通貨を保管しておく財布のようなものだと思ってください。

そして、「ウォレット」の種類は4種類あります。

  1. ハードウェアウォレット
  2. ソフトウェアウォレット
  3. ウェブウォレット
  4. ペーパーウォレット

「ハードウェアウォレット」が一番安全性が高く、「ソフトウェアウォレット」→「Webウォレット」→「ペーパーウォレット」の順で安全性が低くなっていきます。

bitFlyer(ビットフライヤー) Zaif(ザイフ) などの取引所に預けることは「Webウォレット」に預けていることになります。

だから、取引所に預けっぱなしの方は、「常にリスクと隣合わせだ」ってことを覚えておいてください。

仮想通貨の一番安全な保管方法は「ハードウェアウォレット」

ハードウェアウォレット「TREZOR」

仮想通貨を盗難や流出から100%守りたい場合は「ハードウェアウォレット」を使ってください。

初期設定する「24個の単語」がリカバリーキーになっており、本体を紛失しても復元ができます。

仮想通貨を保管する上で、「強固な安全性」と「保管性」を兼ね備えた最強ウォレットです。

ハードウェアウォレットのメリット

  • ハードウェアウォレットとパソコン(またはスマホ)があれば「いつでも」「どこでも」ウォレットにアクセスができる
  • ハードウェアウォレットを紛失しても復元できる

ハードウェアウォレットのデメリット

  • ハードウェアウォレットを購入しなくてはいけない(約10000円)
  • 使用できる仮想通貨の種類が限られている

ハードウェアウォレットの比較

ハードウェアウォレットは「Ledger」と「TREZOR」の2種類が広く使われています。

 LedgerTREZOR
外観
Ledger
TREZOR
定価
79ユーロ
89ユーロ
日本円
約10400円
約11700円
対応通貨
27種類
8種類
公式サイト
https://hardwarewallet-japan.com https://trezor.io

どちらも同じぐらいの価格ですので、対応している通貨の種類が多い「Ledger」をまずは購入してみてください。

TREZOR(トレザー)の購入から設定方法まで下の記事で解説してます

TREZOR徹底解説
【レビュー】TREZOR(トレザー)の買い方から設定方法までを徹底解説

「ビットコインを長期保管したい」 「仮想通貨を安全に保管したい」 そんな思いに応えるのが「ハードウェアウォレット」である「TREZOR(トレザー)」です。 次から、TREZOR(トレザー)の買い方から ...

続きを見る

パソコンやスマホで管理できるのが「ソフトウェアウォレット」

ソフトウェアウォレット

ハードウェアウォレットより安全性は落ちるが、取引所に預けっぱなしよりはマシなのが「ソフトウェアウォレット」です。

基本的に通貨毎に「ソフトウェアウォレット」が用意されています。

あなたが保有している通貨に対応した「ソフトウェアウォレット」をインターネットからダウンロードして使用します。

ソフトウェアウォレットのメリット

  • オフライン環境であれば安全性が格段にアップする
  • ウォレットから簡単に送金ができる

ソフトウェアウォレットのデメリット

  • パソコン(またはスマホ)のウイルス感染やハッキングによる盗難のリスクがある
  • IDや秘密鍵は自己管理が必要→忘れるとウォレットにアクセスが出来なくなる

代表的なソフトウェアウォレットを紹介

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

ETH(イーサリアム)を保管できるソフトウェアウォレットが「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」です。

名前が長いので、通称「MEW」と略されてることが多いです。

公式サイト:https://www.myetherwallet.com/

NEON(ネオン)

中国版イーサリアムと呼ばれている「NEO(ネオ)」を保管できるソフトウェアウォレットが「NEON(ネオン)」です。

詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にしてみてください

NEONウォレットの作り方
「Neon Wallet」の登録から入出金・保管方法を徹底解説|NEO系ICOには必須なウォレット

「購入したNEOをウォレットで保存したい」 「NEO系のICOに参加したい」 そんなあなたにオススメするウォレットが「Neon Wallet」です。 ウォレットの登録方法から入出金方法、ICOへの参加 ...

続きを見る

安全性は低いが頻繁な取引をするときに超便利な「ウェブウォレット」

ウェブウォレット

国内外の仮想通貨取引所に預けている状態がいわゆる「ウェブウォレット」に預けていることになります。

取引所に預けている仮想通貨は「売りたいときにスグ売れる」ので、取引を頻繁に行う場合は非常に便利なウォレットになります。

しかし、取引所はたくさんの資産を取り扱うため、常日頃からハッキングや不正アクセスの標的になっています。

取引所から仮想通貨が流出してしまうと、あなたの資産が流出してしまうことになります。

リスク回避のために、取引所へ預ける資産は必要最小限に抑えましょう。

ウェブウォレットのメリット

  • 取引したいときにスグに取引ができる
  • 国内取引所の場合、一定額の「保証制度」がある

ウェブウォレットのデメリット

  • 多額の資産を取り扱うため、ハッカーに狙われやすい
  • 安全性は取引所任せになってしまう

長期保管に向かないのが「ペーパーウォレット」

ペーパーウォレット

紙媒体にウォレットの「アドレス」と「秘密鍵(シークレットキー)」を印刷して保管する方法です。

完全にインターネットから隔離されているので、ハッキングや不正アクセスの心配はゼロです。

しかし、紙に印刷するので破けたり、印刷文字が劣化すれば保管している資産が全部無くなります。

インターネットからの流出対策は最強クラスなんですが、「保管に手間が掛かる」「長期保管に向かない」ので、オススメは出来ないです。

 

100万、200万といった大金がペラペラの紙一枚に保管されていると考えると「大丈夫かな?ホントに大丈夫かな?」と心配なりますよね?

だから、一般的にペーパーウォレットで保管する場合、別途USBメモリーに保存したりと2重・3重に防衛策をしなくてはいなりません。

保管方法に気を張り巡らせるぐらいなら素直に「ハードウェアウォレット」を使った方がよっぽど安心です。

ペーパーウォレットのメリット

  • 完全なるオフライン環境なので、ハッキングや不正アクセスの心配がいらない
  • プリンターとパソコンがあればスグに作成ができる

ペーパーウォレットのデメリット

  • 保管方法、とくに「長期保管」する場合は細心の注意が必要
  • ペラペラの紙なので、破けたり・燃えたり・耐久性はゼロ

-ウォレット, 仮想通貨の始め方
-

Copyright© 仮想通貨のはじめかた.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.